初めて自著を出版する人の中には、あまり文章に自信がないけれど思い切って作ってみることにした、というケースが多いと思われます。 初めての出版なので、そもそも「普通の体裁」というものがよくわかっていない。どうしても伝えたいことがあったので筆をとったが、文書力に自信がない。表記のルール、漢字のルールがわからない。 そうした心配は尽きません。この手の問題は、「できる限り気をつけて、下調べを行い、努力する」ということでカバーしきれるものではありませんよね。 専門家、プロの手助けや助言がどうしても求められることになります。 さて、そうした出版にまつわるあれこれについてのプロ、というのはどんな職業のことを指すのでしょうか。 編集者は、出版にまつわる内容の吟味や工程管理などを行う重要な存在です。 多くの自費出版社が、商業出版社と同様に、編集者を抱えています。校正やデザインの部門を設けているところも多く存在します。最もシンプルな自費出版社は、「製本業者」とあまり違いがありません。そのぶん、費用は安くなるということでしょう。 自分で紙面のレイアウトができる、表紙のデザインができる、内容の校閲・校正ができる。そんな人は、最後の印刷以降の手順を委託するだけで良いでしょうが、ほとんどの人が、出版経験のない個人ですので、アドバイスをもらえたり手を入れてくれる出版社の方が助かるのではないでしょうか。 出版社によっては、商業出版社のように、「これだと矛盾がある」「こうした方が伝わりやすい」といったように、内容の向上のためのアドバイスを与えてくれます。 内容に絶対の自信があるときはこのような過程は不要かもしれませんが、一応耳を貸しておいた方がベターに思えますし、自信がないならば、多くの過程を出版社に委託した方が、仕上がりは質の高いものになるのではないかと思われます。Read More →