担当者と一度も会わずに自費出版 」の是非

近来の通信技術の爆発的な進化は、それまでは「靴を履きつぶして歩き、顔を合わせて交渉する」といった営業スタイルを一新しました。

 

もちろん、そうしなければ運営できない業界というのは、たくさんあります。

自費出版でも、せっかく一生に一度あるかないかの機会を、何通かのメールのやり取りでおしまい、というのではあっけない、と感じる人もいるでしょう。そうした形でやり取りを行う昔ながらの出版社もあると思われます。

 

しかし、時間が潤沢に余っている人だけが、自費出版を試みるのではありませんよね。

それに、出版社の遠方に住んでいる人、夜勤で働いており、出版社の営業時間に出歩けない人。高齢であり、出歩くこと自体が負担となる・不可能である人。

そうした人たちにとっては、電話やメールでのやり取りが非常に大事なツールとなります。

 

電話やメールだと、会って話すよりも伝わりづらい、熱心に対応してもらっている気がしない、そんな気持ちもあると思います。

しかしそこは、一概に言えるところではありません。

メールのみで全てのやり取りが完結する自費出版のスタイルは珍しくありませんが、それでも「懇切丁寧でとても良かった」という口コミや評判はよく見られます。

 

通信手段がメールであれ電話であれ、誠実な業者は誠実。これは出版に限ったことではありません。利用者の利便を考えた結果でもあるのではないでしょうか。

 

悪徳業者の場合、穴のある見積もり計画書を通すとき、直に会って柔和な語り口で説得するなどした方がうまくいくというメソッドで、必ず面会をするということもあり得ます。

 

どんな人間が自分の作品を書籍してくれるのか、顔を見たいというのは当然のことかもしれません。しかし、会えれば問題なく進行するだろうというのも憶測に過ぎません。

 

どのような手段でやり取りをするのか、という点は非常に重要なのです。