名入れペン選びのポイント

万年筆やペンは、毎日使うものですし、人間にとって非常に大事な言葉を記録するための重要なツールでもあります。

パソコンの急進的な普及で、文字を書き込むこと、情報を保存しておくことのフォーマットは大きく変化しました。効率化の波の中で、書類や文章を作ることは、ほとんどの場合、ワープロソフトやパソコンのメモ帳で行われるのが大半になってきました。

とは言え、ペンで文字を記すことの価値が相対的に落ちてしまったというわけではありません。

むしろ、データでは表現できないニュアンスや筆跡という概念、画面以外の様々なところに書き込める利便性といった特性から、改めてその価値をアピールし続けているのが、ペンなど筆記用具だと言えます。

署名やサインといった、文字情報というよりは本人による契約や承認という象徴的な意味が大きい行為においては、未だに手書きでなければならない、というルールのようなものが存在しています。パソコンなどで記録された文字情報よりも、手書きで記された文字の方が、価値が大きいということもできるのではないでしょうか。

宅急便やクレジットカード利用の際など、印鑑ではなくサインを求められることも多いですよね。

つまり手書き文字には、印鑑と同じように、本人が確かに承認したものです、というアイデンティティーが内包されているのです。

そんな、デジタル化社会の中でも重要性を保ち続け、増してさえいるペン。

万年筆や量産型でないボールペンは、そういった意味で貴重かつ価値のあるものであり、社会生活と日常生活の両方において頻繁に用いられる文化的な物品です。

そういった製品は、自分への、また大切な人への贈り物にぴったりなものです。

そうした重要な物品であるペンに名前など言葉を刻印して、人に贈るというのは儀式的・象徴的にも、深い祝福の念の現れとして、最適なものだと思われます。

今回は、名入れペンを購入する際に気をつける点を見ていきます。