古書店の立地

古書店の未来を考えた場合、新古書店でないかぎり、最寄り品の商店として成り立たせていくのはかなり難しいのではないかと思います。 もっとも本の買い取りに関しては、最寄り商唐としてやっていける可能性がまだ残っていると思われます。 そのためにも、店の立地条件について十分に考慮すべきでしょう。 古書店の場合はほかの商売と違って、本の販売と買い取りの二つの面をもっているのがその特徴です。 また、多くの商売では販売がメインになりますが、古書屈の場合は仕入れのほうが重要だともいえます。 したがって、お客様が庖に本を持ち込むことを考慮して、それに適した立地を選ぶことも重要です。